2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06























スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アフターファイブを活用関連オススメ情報 紹介キャンペーン

最近では資格を取得することがある種のステイタスになっているそうですね。

友人と一緒に資格取得について興味が沸いたので
どのような資格があるのかネットの資格 ランキングサイト等から調べる事にしました。



一口に資格といっても、法律によりその種類は厳格に分類されているそうです。

もちろんその種類により社会的評価が決定されているわけではなく価値は資格そのものにあり、業界のニーズにより価値が決定するみたいです。

調べてみたところ、「国家資格」、「公的資格」、「民間資格」の三つに分類されるそうです。

天気を予報する気象予報士
輸出入されている物品の通関手続をするために必要な通関士
不動産の鑑定評価を行うのに必要な資格不動産鑑定士
独立もできる土地家屋調査士等の資格は「国家資格」の分類になるそうです。

また所謂宅建といわれる宅地建物取引主任者
マンション管理組合の運営等を行う為のマンション管理士も国家資格だそうです。

事業用電気通信設備の工事、維持及び運用に関する事項を監督為に必要な資格の
電気通信主任技術者というのも国家資格だとか。

基本的な土地や流通に関係するもの等は国家資格になるみたいですね。

最近ではパソコンを使った仕事が増えた為、パソコン上の
情報セキュリティの管理や開発のスキル力を試される
情報セキュリティスペシャリストや、数年の経験を積んだシニアプログラマや
システムエンジニアを主対象にした応用情報技術者試験等の
資格も国家資格として取り扱われているみたいですね。

また情報処理技術者試験というものも有るそうです。

公的資格には日商簿記検定、英語技能検定、漢字能力検定などが当てはまり、
資格により合格者には国家資格の受験資格を与えられたり、受験科目の免除を受けられる資格も存在するみたいです。

銀行等で証券取引を行う証券外務員も公的資格に入るそうですね。

民間資格は公的資格同様に法規制を受ける物ではないものの、国内のみならず国際的 に認知・評価され、その能力が
認められる資格も存在する等のメリットがあるそうです。

福祉系の資格としては珍しく特に受験資格は要らず誰でも受験することができる
福祉住環境コーディネーターや学校のスクールカウンセラー等の資格要件とされる
臨床心理士、いわゆるP検と言われる
パソコン検定やパソコンメーカーの
マイクロソフトが認定するマイクロソフトオフィススペシャリスト等が
これに当たるそうです。

それぞれ資格 難易度は違う為、受験をする際には受験金額を始め、受験条件、
出題傾向等しっかりと対策をすることが資格取得の近道みたいですね。



話は変わり、仕事の後のアフターファイブには自分の時間を有効に活用したいと考えている人が増えているそうですね。

仕事で役に立つビジネス英会話を学ぶために駅前などにある
英会話 スクールでの勉強を始める人や、
小さい頃からしていたピアノレッスンを久しぶりに受けたいと
ピアノ 教室に通う人、
お洒落が好きな人はネイルスクールでネイルアートを学び
自作のネイルアートを楽しみたいという人もいるみたいですね。

絵を上手くなりたいと絵画 教室に通い
ヌードデッサンを学びに行く人、
体の健康やスタイル維持にヨガ 教室に通う人や

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nenechan77.blog83.fc2.com/tb.php/269-e3bc659a






















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。